21世紀 進化し続けるカジノ文化に関する一考察

あっという間に時が過ぎ去っていく中で、現在の私たちはかつて人類が経験したことのないような技術的進歩を目の当たりにしています。たとえば今50歳の方は、子供の頃を思い出してみてください。その方が10歳の頃は、今から40年前ということになりますが、その当時、スマートフォンのような最強なデバイスが手に入るなどということは思っても見なかったはずです。 

カジノとテクノロジー

どんな時代や状況であっても、ギャンブル業界は常に最先端のテクノロジーを取り入れてきました。ビジネスは利益の追求が目的であり、いつでもどこでも需要が高いところから利益は生まれるものです。現在のカジノ文化は、社会を映す鏡であるというのが現実です。人々がギャンブルに興味を示さず、大金を費やしてくれなければ、カジノの経営者たちも業界の発展のために投資する理由がなくなってしまいます。 

数世紀前においても人々はギャンブルを楽しんでいましたが、当時は組織化されていませんでした。20世紀にその様相は大きく変わり、特に世紀末になって豪華絢爛なカジノが多数登場しました。それから数十年が経ち、今や私たちは顔を合わすことなく世界中の人々とギャンブルを楽しめるようになりました。オンラインギャンブルサイトは大きく進化しました。近いうちに、それぞれが自宅の快適な環境から顔を合わせて、カジノでギャンブルをしているような体験ができるようになるでしょう。 

カジノ文化とは?

カジノの文化的要素の大半は、映画において表現されてきました。特にハリウッドは、『カジノ』、『熱い賭け』、『ラウンダーズ』、『ルール・オブ・デス/カジノの死角』、『オーシャンズ11』といった映画史に残る人気映画を通じて、カジノの人気を高めてきました。カジノは、マフィア、ギャング、犯罪、金といった要素と緊密に結びついています。これにリスクや興奮といった要素を組み合わせれば、最後まで目が離せない魅力的なストーリーの出来上がりというわけです。 

ギャンブルをアートと見なすことはできる?

細かい点においては、人それぞれ意見は異なりますが、一般的に考えるなら答えはイエスでしょう。多くの人は、ギャンブルがアートの一種であるという意見に同意するはずです。お金を賭ける要素があるにせよ、ギャンブルは人間が創造したものである限り、アートなのです。これこそが、ギャンブルをアートに分類できる理由だと私たちは考えています。 

ギャンブルは人々に危険をもたらす可能性があると反論する方もいるかもしれませんが、そもそも危険を孕んでいないアートなどあるのでしょうか?ビデオゲームの中で人を殺したり、連続殺人鬼が登場する小説を読んだりしても、現実で人を殺していいということにはなりません。アートは「善悪」によって、判断されるものであってはなりません。ギャンブルをアートと理解できる人がいる限り、ギャンブルはアートとして存在し続けるのです。